廃仏毀釈

廃仏毀釈(はいぶつきしゃく)とは、寺院や仏像、経本などを破壊し、僧や寺院がうけていた特権などを
廃することを言います。
日本では、明治維新後に廃仏毀釈運動が行われています。
明治政府は、神道を国家統合の基幹としようとしたために、
この廃仏毀釈運動下では、数多くの仏像や寺院などが破壊された。

自分的には、これによって日本人の宗教観というのはだいぶ様変わりし、
今の宗教観の根幹となったのではないかなぁと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です