ホワイトボードには日本人の宗教観と無神論者について書かれていた

ホワイトボードには日本人の宗教観が書かれ、独特な世界が表現されていました。
その中には八百万の神々を崇める文化についての記述がありますが、
仏教と神道の関連性も詳しく解説されていたことが印象的です。
ホワイトボードの記述を読むと、昔の神社には別当寺を置いて密接な関係を築きながら、
独特な宗教観を作り出していたことも分かりました。
江戸時代の寺請制度に関する記述も読むと、
近年の状況は不思議に感じるようにもなりました。
最近では地域や家族の結びつきが弱くなり、多様な考えが外国から伝えられた影響で、
無神論者が少なくないことを知ったのも驚きです。
無神論者の説明では、神仏に対して無関心な人の考えが詳細に書かれていたため、
日本人の宗教観の急激な変化も実感できたと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です